Impression>Critique

感想ブログ~演芸(落語・浪曲・講談)etc.~

第十七回玉川太福・柳亭市弥二人会

2022年4月18日(月)

 

「第十七回玉川太福・柳亭市弥二人会」

 @西新宿ミュージックテイト

 

柳亭市弥『千早ふる』

    『替り目』

~仲入り~

玉川太福・玉川 鈴
男はつらいよ第二十作「寅次郎頑張れ!」』

 

 

この日太福さんは末廣亭池袋演芸場と寄席の
かけもちで、池袋→末廣亭ならまだ良かったが、
末廣亭→池袋→西新宿、と行きつ戻りつになった
うえ、あいにく(お約束?)本降りの雨。

太福さん、鈴さんを待ちながら長めのマクラと、
軽妙で楽しくも直球の江戸落語を堪能。
市弥さんには独特のキラキラしたフラがある。
元々市弥さんの高座を拝聴する機会があまり
なかったが、太福さんとの当二人会で機会を得
て、スキルフルな高座に驚かされた。
(お前のようなうっすい客に言われたくない、と
叱られそうだが)

 

仲入り中、お二人が到着。ずぶ濡れで気の毒至極。
〽水もしたたる良い男~、と”太福のテーマ”の一節
が頭をよぎる。
今席の「寅次郎頑張れ!」はワット君幸子にスポッ
トバージョン。

この日のような「太福(・鈴)頑張れ!」な状況に接
すると、名状しがたい想いに駆られる。
端的に言えばいわゆる「推し」への、ファンゆえ
の切なさだ。

 

クレバーな大人ではないので自分が本当に興味があ
るものでなければ心は動かないし、ファンとして認
められたいがゆえにおもねることもできない。
ただ人間は死ぬまで成長する。演者のみならず、客
も何度も聴いているうちに変化するのは当然だ。
その変化が演者には伝わりにくいかもしれないが、
常に偽りはなく真剣だ。不快かもしれないが理不尽
と思えば理不尽と言ってしまう。よもやただの悪口
など言うはずもない。

イヤならやめろ、と右から左的に単純なことではない。
そのallusionが心臓を抉り、物理的な”不足"が絶望を生
んでいることなど、想像できないだろうけれど。

 

世迷言を書き連ねてしまったが、この二人会は市弥さ
んの真打昇進・小燕枝襲名に伴い8月が最終回とのこと。
目出度いが寂しい限りだ。

SWAクリエイティブツアー2022

2022年4月14日(木)

 

「SWAクリエイティブツアー2022」

 @新宿シアタートップス

 

柳家喬太郎『当世女甚五郎』

三遊亭白鳥日本海の英雄』

~仲入り~

林家彦いち『ごくごく』

春風亭昇太『ロマンス恋泥棒』

 

 

チケットをゲットしていたにもかかわらず、
仕事その他で2回行けず(リセールと正規譲
渡で無事行き先は決まった)、次は買えず、
で今回ようやく行けた。感慨無量。

 

小劇場の聖地と称される新宿シアタートッ
プスは初だったが、まったく意識したこと
がなかった。大変観易く聴き易い劇場だ。

 

今回のテーマは「秘密」とのこと。
開演前、終演後に流れるネタに因んだ映像
がとても楽しい。


白鳥師の「定吉」云々は酔っ払いの戯言と
ご自分で言うような直球下ネタだが、だい
ぶ前に故・赤塚不二夫がTVの密着ドキュメ
ンタリー番組か何かで、酔っ払って同じよ
うに”命名”して腹話術のような悪ふざけを
していたことを思い出した。一緒にいたお
仲間がひっくり返って爆笑していた。

何故記憶に残っているのか不明だが、おそ
らく疎外感を強く感じたからだと思われる。
老若問わず男性特有の連帯意識というのか
仲間意識に対して、子供の頃から二重の意
味で疎外感を感じるのだ。
人として、異性として。
下戸だから酔っ払いの”ノリ”も分からないし。

ホモソ―シャル、の一言では片づけられな
い強靭な結びつき。
今は女性にもシスターフッドという概念が
確立しているが、その領域はほとんど聖域
で近寄りがたいのだ。

ロックバンドに喩えればローリング・ストー
ンズのライブに行ったのと同じわけで、ただ
その場にいられただけで幸甚である。
強いて言えば最もテーマに沿って手堅かった
のは彦いち師だったと思う。
言わずもがなだが個人的見解だ。

次回は7月。果たしてチケット争奪戦に勝てる
だろうか?

蜃気楼龍玉・神田春陽二人会

2022年4月9日(土)②

 

「蜃気楼龍玉・神田春陽二人会」(第4回)

@らくごカフェ

 

田辺一記『阿茶局

神田春陽天保六花撰「丸利の強請」』

蜃気楼龍玉『鰍沢

~仲入り~

龍玉『ぞろぞろ』

春陽『復讐奇談「安積沼」』

 

 

この日は本来なら行くべき所があったはずなのだ
が、理不尽な理由でかなわなかった。
自分の感情(嫉妬その他)の問題ではない。
そのためどうしても他に行くべき所を探さなけれ
ばならなかった。
するとあまり時間は被らないが、願ってもない会
があることを知った。
招かれざる客になる可能性は否定できないが。
第4回にして初めて知った二人会。

 

「安積沼」は『小幡小平次』の原典的な話。
春先の怪談はねっとりとからみつくように怖かった。
そして何と言っても龍玉師の『鰍沢』。
後席が『ぞろぞろ』だったので、逆では?と思った
が。
コアなファンなら何度も聴いているネタだろうけれ
ど、私は生で聴くのは初めてだ。ずっと体感したかっ
たがようやく叶った。
らくごカフェの高座と客席の距離は、異空間の現前を
可能にしていた。
雪の白さ冷たさのリアリティに震え、お熊が構える銃
の鋭さが心に刺さった。
ずっと縷々血を流し続けている心に。

浪曲浪漫~奈々福・太福姉弟会的な~

2022年4月9日(土)①

 

「渋谷に福来る2022SP
  ~奈々福・太福姉弟会的な~」

@渋谷大和田伝承ホール

 

奈々福・太福「おしゃべり」

奈々福・美舟『天保水滸伝「鹿島の棒祭り」』

太福・みね子『天保水滸伝「笹川の花会」』

~仲入り~

太福・みね子『浪曲偉人伝』

奈々福・美舟『シン・忠臣蔵』(作・柳家喬太郎)

 

 

「渋谷に福来たる」では初登場の浪曲姉弟会。

 

様々な理不尽に苦しみなかなか眠れず、不覚にも寝坊した。
開演時間が午前11:00というのもネックだった。
そのため残念ながら「おしゃべり」には間に合わず、
奈々福師匠の途中から。

 

玉川のお家芸天保水滸伝プチリレー読み、「笹川の花会」
はいつ聴いても素晴らしいが、太福さんは湯呑みを忘れた
とのことで、代用のマジック書き家紋が施された紙コップ
にどうしても笑ってしまう。

そして奈々福師匠の『カマ手本忠臣蔵』を聴けたのは収穫
だった。
アナクロニズムな演題を改めたのはさすがだ。
ゲイを笑うパロディではなく、よしながふみ『大奥』に対
するのと同じく、人間同士の美しい情愛の物語として真剣
に楽しく拝聴した。
演者さん自身も性別を超越した一人の浪曲師に見えた。

稀なる浪曲姉弟会、来年も期待したい。

 

2022年4月8日(金)

 

「田辺凌天の会」(第2回)

 @らくごカフェ

 

田辺凌天『○○○○』

田辺一記『神子上典膳 甕割試合』

~仲入り~

凌天『染井桜の物語』(作:浦野とと)

 

 

凌天さんの勉強会第2回。
ネタおろしが不安なので前読みの前読みで、
と奥ゆかしい凌天さん。
その㊙ネタは以前師匠である凌鶴先生の口演
を拝聴したことがある。
明治時代の西洋寓話風のとても面白い話。

前読みとして一記さんを拝聴する機会がとて
も多く、講談にわか客が不遜なことを言うよ
うだが力の付き方が耳覚ましい。

『染井桜の物語』は浪曲版の『ソメイヨシノ
縁起』を玉川奈々福師匠の口演で拝聴したこ
とがある。同原作者の講談版もあると知った。
浪曲には節の強みがあり、講談には語りの強
みがあることがとてもよく分かる。

㊙ネタおろしに関してツイートをしくじり、
ご迷惑をおかけしてしまった。
謝罪してご容赦頂いたが癒えない傷になって
しまったかもしれない。
SNSにおいても”沈黙は金なり”。

浪曲定席木馬亭令和4年4月

2022年4月2日(土)

 

浪曲定席木馬亭令和4年4月」(2日目)

 @浅草木馬亭

 

 

三門 綾・馬越ノリ子『楽屋草履』

国本はる乃・沢村美舟『牛若と弁慶』

東家孝太郎・玉川みね子
あたま山』(脚本:稲田和浩)

澤 順子・沢村美舟『一妙麿』

~仲入り~

玉川太福・玉川 鈴
『悲しみは埼玉に向けて』
(作:三遊亭円丈)

神田真紅『面の餅』

玉川福助・玉川みね子
天保水滸伝「鹿島の棒祭り」』

三門 柳・沢村美舟『石田三成

 

初めて聴く外題、読み物が多く盛り沢山な内容。

 

はる乃さんはいつ聴いてもすごい。心臓をつかまれて
身動きできなくなるような素晴らしい声節。
うら若い女性なので啖呵の勢いが落ちそうだが、バラ
ンスよく遜色がない。

 

孝太郎さんは季節柄の『あたま山』。落語で有名なネ
タで、内容にひと捻りあるので誰の脚本かと思ってい
たが、稲田先生作と知り納得。声節の強みが加わり、
とても楽しめた。定席でみね子師匠とのコンビで聴く
のは初めてかもしれない。


太福さんから偶然寄席のような流れになり、真紅先生
のお住まいが「悲しみは~」の舞台北千住だったり(致
命的だ…)、姉弟福助さんの「鹿島の棒祭り」には少
しだけ千住の小塚原が出てくるので(こじ付けか?)、わ、
面白い、と思った。

 

トリの柳先生の戦国物でビシリと決まって終演。

 

常に思うことだが内容に木戸銭が見合っていない。
しがない労働者には有難いことではあるが。

 

 

第五十回 玉川太福”月例”木馬亭独演会

2022年4月1日(金)

 

「第五十回 玉川太福”月例”木馬亭独演会」

 @浅草木馬亭

 

玉川太福「デロレンご挨拶」

東家三可子・玉川みね子
『江藤新吉と芸者お鯉』

玉川太福・玉川 鈴

『サカナ手本忠臣蔵「サンゴの廊下」』

三遊亭萬橘『マイク タイソン物語』

~仲入り~

太福・みね子

『祐天吉松 飛鳥山

 

 

 

記念すべき第五十回。ゲストは満を持して萬橘師匠。
まずはひとりフェスティバルで使用した法螺貝を有
効活用、なデロレンご挨拶。エイプリル・フール
かけたのだろうか(ホラ吹きだけに)。

 

最近色々な浪曲会で前読みをされている三可子さん。
透き通るような外見とお声にはそぐわないネタばか
り聴いている気がする。しかし啖呵はけっこう鋭い。
今席は琴路師匠リスペクトのネタ。
斬首後晒し首の写真を土産物として売られてしまっ
た幕末明治の政治家江藤新平が主人公の恋情もの。


『サカナ手本忠臣蔵 「サンゴの廊下」』。
演題から何故か”刃傷”がなくなった。
このネタに関しては前の記事でも書いたが、演者
及びネタが成長発展するのと同様、聴いている客
も回を重ねて聴けば当然成長発展する。
当初うまく受け入れられなかったとしても聴いて
いるうちにその”ノリ”がつかめて楽しめるように
なる。

聴く前から受け入れ態勢万全で問答無用の全肯定
は、グルメリポートに喩えれば口に入れる前から
美味しいと言っているに等しい。
当初戸惑い気味だったからと言って、「お前みた
いな野暮天には分からないだろうよ歌舞伎も知ら
ないんだろ?」と切り捨てられるのは大変残念だ。
それが同じ客である場合以ての外で、立場をはき
違えているとしか言いようがない。

これは「男はつらいよ」の浪曲化にも言えること
だ。当初はあまり馴染みがなくうまく乗れなかっ
たとしても、映画を観て面白さが分かり、浪曲
する偉業に気づかされる客も少なからずいるはず
で、自分もその一人だ。それ故楽しみにする気持
ちに偽りもおもねりも一切ない。
人は死ぬまで成長する、と水木しげる先生も仰っ
ておられる。

 

閑話休題

 

萬橘師。どこか挙動が怪し気。上手側固定で話し
ているように見えたのは気のせいか?
そしてまさかの落語ではないネオ落語?の『マイ
ク タイソン物語』。大入りの客全員の期待を豪快
にかっ飛ばす破壊神降臨だ。ある意味爽快。

呆気に取られて、仲入り中に買おうと思っていた
サトリデザインさん製太福グッズ限定5点セット
を買うのを忘れ、あっという間に完売(涙)。
萬橘師のせいにすることで(ひどい)自分をなだめ、
3点グッズを購入。

 

 

『祐天吉松 飛鳥山』。
花見の季節にふさわしいネタなので直近で何度か
聴いている。
福太郎師匠は別題『人情花吹雪』という一曲とし
て口演されていたようだ。その題で二代目虎造先
生の音源もある。
かわらけが「素焼きの陶器」なのは小菅一夫の脚
本がそうなっているからだ。
七松が「お願いだからチャンと言って」と泣く場
面で微笑ましい的笑いが起こっていたが、私は少
し涙腺が緩んだ。

 

そして太福さんは令和三年度花形演芸大賞・銀賞
を受賞された。
おめでとうございます。